HOME > アイルの働き方 : 作業療法士 川場 光陽

さまざまな部署の先輩が、アイルの働き方について語ってくれました。

医療現場での学びを訪問リハビリで活かしたい。作業療法士 川場 光陽

Q1.アイルで働こうと思ったきっかけは何ですか?

私は以前は亜急性期〜慢性期の療養型病院に勤めていて、病院でのリハビリ後、退院された患者様が在宅でどのような生活を送っているのか、ずっと疑問に思っていました。病院では出来ていた動作が在宅では出来ない。転倒を繰り返して再入院というパターンが後を絶ちませんでした。そこで病院で学んだ力を訪問リハビリで発揮したいと思うようになり、アイルに勤務しているPTの先輩の紹介で入社しました。

Q2.仕事をしていく中でのやりがいは?

「リハビリのおかげでトイレまで歩けるようになりました」「いつも楽しみに待っています」などのお声をいただくと嬉しくなり、やりがいを感じます。中でも一番やりがいを感じたことは、体力の低下により閉じこもりがちだった方が訪問リハビリがきっかけで外出することができ、近所の方との交流や近くの公園までの散歩が日課になったことです。

Q3.アイルに向いているのはどんな人だと思いますか?

何事にも自分の意思を持って積極的に行動を起こせる人だと思います。そこには他者との調和や協力も必要になってきます。周囲とのコミュニケーションを大切にしながら、自分の考えを行動に移せる人がアイルに向いていると感じます。そして、常にお客様の生活の質の向上を考えられる人。お客様の満足が自分自身の対価であり、アイルへの貢献に繋がっていると感じています。

Q4.就職活動中のみなさんへのメッセージ

「出会い」を大切にしてください。これから就職活動をしていく中で、様々な人と出会うと思います。これから出会う人たちは、新たな価値観や考え方を教えてくれる人たちだと思います。その出会いがきっかけとなり、頑張る糧となるはずです。そこで、自分の意思を持ち、選択できる仕事こそ自分に合った職場になるのではと思います。頑張ってください。

作業療法士 川場 光陽さんの一日
7:00 起床・朝食・準備・出勤
8:00 出社→整理整頓、一日のスケジュール確認
9:00 自宅訪問 A様
10:00 自宅訪問 B様
11:00 自宅訪問 C様
12:00 昼休憩
13:00 自宅訪問 D様
15:00 自宅訪問 E様
16:00 自宅訪問 F様
17:00 帰社
18:00 カルテ記入、日報提出、退社

仕事内容

お客様のお宅での訪問リハビリテーション
歩行やその他の日常生活に支障をきたしている方にリハビリテーションを行います。
リハビリプログラムの作成
お客様とご家族のニーズや希望に沿ったプログラムを作成します。生活環境の中で必要な機能や能力の向上に努めています。
日常生活に関連した動作の練習
お客様の状態に応じて、廃用症候群の予防から屋外での散歩やガーデニング、掃除に洗濯などの生活に関連した練習も行います。

友達とのBBQやマリンスポーツ、映画・音楽鑑賞、週2〜3回のランニングやジム通いなど、充実した休日を過ごしています。

▲ページの先頭へ戻る