HOME > アイルの働き方 : ケアマネジャー 芦谷 真理子

さまざまな部署の先輩が、アイルの働き方について語ってくれました。

家庭と仕事を両立できる理想的な職場です。ケアマネジャー 芦谷 真理子

Q1.アイルで働こうと思ったきっかけは何ですか?

平成15年、モアネット居宅介護支援事業所が開所した時に、ご縁あって就職しました。2度の産休育休を経て、現在は育児短時間勤務制度を利用して仕事を続けています。個人のライフスタイルを尊重し、可能な限りサポートしてくれる会社ですので、仕事と家庭の両立が出来ています。

Q2.仕事で苦労した点は?

様々なサービス情報や医療知識、制度改正ごとの介護保険法の理解等、ケアマネジャーが把握しておかなければならない情報は幅広く、常に新しい情報収集が必要なので大変です。また、生活全般の様々な問題に対して、どこまで支援すれば良いか業務範囲が不明瞭なので悩むこともあります。

Q3.アイルに向いているのはどんな人だと思いますか?

前向きな人、型にはまらない人が向いていると思います。

Q4.就職活動中のみなさんへのメッセージ

誰かのためになる仕事をすることは、自分自身を支えるエネルギーになると思います。
前向きに頑張ってください。

ケアマネジャー 芦谷 真理子さんの一日
9:00 出社
10:00 お客様宅などの訪問
11:00 サービス事業者などとの連絡調整
12:00 昼休憩
13:00 お客様宅、病院などの訪問
14:00 サービス担当者会議など
15:00 記録、書類作成、給付管理業務
16:00 退社

仕事内容

介護サービスに関する相談・案内
お客様、ご家族の方より介護サービスについて相談を受け、在宅でその人らしく過ごせるように、さまざまな角度から最適なサービスをご提案させていただきます。
介護保険の手続き代行
ケアプランの作成
関係機関との連絡調整等

少年野球の応援に行ったり、バーベキューをしたりして楽しんでいます。

▲ページの先頭へ戻る